リハビリのご案内

当院のリハビリテーションは、患者さんの状態により外来・入院・訪問の3つのタイプに分かれています。廃用症候群(安静状態が長期にわたって続くことで生じる、さまざまな心身の機能低下)の予防に努め、残存した心身機能を最大限に生かし、日常生活の自立・向上を図ります。
そのために、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各専門職が、患者さんお一人おひとりの障がいの程度にあわせた、よりアクティブでより実用的なリハビリテーションメニューをご提供いたします。

リハビリのご案内

当院のリハビリテーションは、患者さんの状態により外来・入院・訪問の3つのタイプに分かれています。廃用症候群(安静状態が長期にわたって続くことで生じる、さまざまな心身の機能低下)の予防に努め、残存した心身機能を最大限に生かし、日常生活の自立・向上を図ります。
そのために、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各専門職が、患者さんお一人おひとりの障がいの程度にあわせた、よりアクティブでより実用的なリハビリテーションメニューをご提供いたします。

外来リハビリテーション

リハビリのご案内

介護保険サービスを利用していない方や通院可能な方に対して提供するリハビリテーションが外来リハビリテーションです。日常生活で不自由を感じている方(腰・膝・肩痛、骨折、脳梗塞後遺症、パーキンソン病など)に、スポーツ障害の改善、職場復帰をサポート。身体機能や日常生活動作の向上により、その人らしい在宅生活が送れるようにアプローチします。福祉用具の選出や自宅でのトレーニング方法の指導までお任せください。

外来リハビリのメニュー

リハビリのご案内

理学療法・作業療法

身体の痛み、関節の動かしづらさに対し徒手療法・運動療法により、身体機能の向上・関節可動域の改善・痛みの軽減を図ります。
また脳梗塞後遺症などの麻痺による手足の動かしにくさに対して積極的に随意運動介助型電気刺激装置(IVES)を使用し、麻痺の改善を目指します。

また各患者さんの身体機能にあわせた自主訓練メニューの提案や補装具のご相談・ご提案も承ります。

リハビリのご案内

言語聴覚療法

言語療法では、脳卒中などにより生じたコミュニケーション障がい(失語症や構音障害など)に対して、必要な検査および評価をもとに訓練を実施。コミュニケーション能力の維持・向上を図ります。
また適切な代償手段を検討し、患者さんとご家族を支援します。

嚥下機能(=飲み込みの力)の障害に対しては、機能改善のための基礎的トレーニングを行なうとともに、食形態・姿勢・方法などの食事環境を調整し、安全に食事がとれるように支援します。

当院の外来リハビリテーションは40分~1時間を基本としています。

 

 

 

山田病院で外来リハビリを開始するには

山田病院受診

初受診(リハビリ処方がでれば)は、次回リハビリ開始の予約をするのみになります。
各科の診療日時についてはこちら

リハビリ予約

リハビリ開始

 

 

 介護保険をご利用されている方へ

当院は隣接している寺田ガーデン(介護老人保健施設)と連携しております。介護保険を利用して通所リハビリテーションを安心して利用することもできます。

リハビリのご案内

入院リハビリテーション

「365日リハビリ
テーション」の実施

当院では、一般病棟・地域包括ケア病床・回復期リハビリテーション病棟にご入院中の患者さんの早期退院を目指し、平日だけに限らず土曜・日曜・祝日を含めた「365日リハビリテーション」を実施しております。

「自宅に早く帰りたい」「1日でも早く仕事に戻りたい」という患者さんの思いのため、できるだけ切れ目のない集中した質の高いリハビリテーションを提供します。

リハビリのご案内

当院では、一般病棟・地域包括ケア病床・回復期リハビリテーション病棟にご入院中の患者さんの早期退院を目指し、平日だけに限らず土曜・日曜・祝日を含めた「365日リハビリテーション」を実施しております。

「自宅に早く帰りたい」「1日でも早く仕事に戻りたい」という患者さんの思いのため、できるだけ切れ目のない集中した質の高いリハビリテーションを提供します。

一般病棟

病状が落ち着いたら、身体の状態にあわせてリハビリを開始し、寝たきり防止や機能回復による早期退院を目指します。

地域包括ケア病床

個別リハビリはもとより、グループで行う「集団リハビリ」を実施しています。

セラピスト1~2名と病棟ケアスタッフ2名で、筋力訓練・起立訓練・持久力訓練(自転車マシン使用)中心に 1時間20分程度の運動を行い、機能面にアプローチしながらリハビリの提供量を充実させています。

回復期リハビリテーション病棟

  1. ADL(日常生活動作)能力の向上
  2. 寝たきりの防止 
  3. 在宅復帰

この3つを目的としたリハビリテーションプログラムを患者さん・ご家族の方と医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士など各専門スタッフが共同で作成。これに基づくリハビリテーションを集中的に行ないます。

訪問リハビリテーション

リハビリのご案内

リハビリスタッフが
ご自宅までうかがいます。

在宅生活の悩みを抱えていませんか?

訪問リハビリテーションは、ご自宅で生活している方が高齢や脳梗塞などの病気をきっかけに、一人でトイレに行ったり料理をするなどの日常生活活動と、買い物や地域行事への参加が難しくなってきた方に、自立した生活ができるよう理学療法士・作業療法士がご自宅に訪問し、支援するサービスです。

当院のみならず、他の病院や介護老人保健施設の退院・退所後から関わり、身体機能や日常生活動作能力を生活に反映させつつ維持・向上に適したリハビリテーションを提供します。

以下のようなお困りごとのある方は、ご相談ください。

  • 自宅に戻ってからの生活が不安である。
  • 自宅での運動方法が分からない。
  • 後遺症があり家事がうまくできない。
  • 畑仕事に戻りたい。
  • 趣味活動を再開したい。
  • どのように介助をしたら良いかが分からない。

訪問リハビリの
メニュー

医師の診療にもとづきリハビリスタッフがご利用者の身体状況や家庭内外での活動内容、家屋環境を評価し、リハビリテーションを行います。

リハビリのご案内

ご利用料金

訪問リハビリテーション

加算項目 内容 算定単位 単位
訪問リハビリ 訪問リハビリテーションサービス費 1回(20分)につき 307
リハビリマネジメント加算(A)ロ 訪問リハビリスタッフ及び多職種協働により、
継続的にリハビリテーションの質を管理した場合
1ヶ月につき 213
移行支援加算 社会参加維持へのサービス移行体制評価 1日につき 17
訪問リハビリサービス
提供体制加算
7年以上勤務している理学療法士または
作業療法士がいる場合
1回につき 6
個別加算
  内容 算定単位 単位
短期集中リハビリ加算
  • 訪問リハビリテーションサービス費退院日、
    退所日または認定日から3か月以内
  • 週2日以上、1日2回以上
1日につき 200

介護予防訪問リハビリテーション

加算項目 内容 算定単位 単位
予防訪問リハビリ1 訪問リハビリテーションサービス費 1回(20分)につき 307
利用開始日に属する月から12月超え 302
予防訪問リハビリサービス
提供体制加算

7年以上勤務している理学療法士または
作業療法士がいる場合

1回につき 6
事業所評価加算 リハビリテーションマネジメントの実施により
身体機能の維持・向上がなされたかを評価するものです
1ヶ月につき 120
個別加算
  内容 算定単位 単位
短期集中リハビリ加算
  • 退院日、退所日または認定日から3ヶ月以内
  • 週2日以上、1日2回以上
1日につき 200

※基本訪問時間は1回40分となりますので、2回分の料金になります。
※地域区分(岐阜市6級地)により利用回数、加算を含んだ総単位数に地域区分(岐阜市10.33)を乗じます。

訪問対象地域

訪問対象地域は山田病院から車で30分圏内を目安とします。判断に迷われる場合は、一度お問い合わせください。

主な対象地域:岐阜市、本巣市、北方町、大野町など

先頭へ戻る