概要・特色

循環器内科

循環器とは、血液を送り出す心臓・身体を巡る血管のことをいいます。 虚血性心疾患、不整脈、心不全や高血圧症、脂質異常症、糖尿病といった疾患を診察します。
循環器疾患は命に関わることもあるため、胸痛や呼吸困難などの症状が現れたら早めに受診されることをお勧めします。

対応疾患・症状

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 不整脈
  • 心不全
  • 閉塞性動脈硬化症

対応症状

  • 胸が痛くなる
  • 胸がドキドキしたり脈が飛んだりする
  • 脈が少なくめまいがする
  • 動くと息切れや足がむくんだりする
  • 歩くと脚が痛くなる

※肩の痛み・歯の痛み・胃の痛みが狭心症・心筋梗塞の可能性もあります。
(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、閉塞性動脈硬化症)

主な治療・検査

  • 血液検査
  • 心電図
  • レントゲン
  • ABI(血管年齢)
  • 心臓超音波検査
  • 頸動脈超音波検査
  • ホルター心電図
  • 終夜睡眠ポリグラフィー検査

担当医師

  • 門田 卓
先頭へ戻る