ごあいさつ

当院は、岐阜市の西に位置し、病床数113床の中小規模の在宅療養支援病院(地域包括病床含む一般病棟57床、回復期リハビリテーション病棟56床)です。グループ内には、「笑顔で安心して暮らせる地域を目指す」医療と福祉の総合サービスが提供できるよう訪問看護ステーション、在宅療養支援診療所、介護施設(介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・サービス付き高齢者施設など)があります。医療・介護が途切れることがないよう、病院と施設や事業所がお互いに連携して地域包括ケアを実践しています。

また、病院の理念のもと、安心で安全な療養環境を整え、患者さんやご家族に喜んでいただけるような看護・介護の提供を目指しています。そのために、常に関係職種と連携し、専門的知識や技術を正しく提供できるよう「相手を思いやる心を大切にする職場づくり」に努めています。

これからも、皆さんのお力添えをいただきながら、地域の方々に信頼され、良質で手厚い看護の提供ができる体制づくりに努めていきます。お気づきのことがございましたら、ご一報いただければ幸いです。

看護部長

看護部理念

法人・病院の理念に基づき、地域の皆さんに信頼される看護部として患者さん中心の考え方のもと、安全で質の高い看護を提供します。
看護部理念

看護部方針

  1. 患者さんやご家族の意向を尊重し、満足される看護を提供します。
  2. 関係職種と協力し、安全で安心な看護サービスを提供します。
  3. 地域の保健・医療・福祉機関と連携し、継続的な看護の提供に努めます。

看護部ビジョン

笑顔で自信を持って自分の役割を果たす。=思いやりのある看護の実践=

看護方式

固定チームナーシング

勤務体系

  • 常勤:二交代制勤務
  • 非常勤:7:00~20:00までの3~8時間勤務の中で調整が可能。勤務形態15種類以上。

看護組織について

看護部の組織

チームとしての活動となります。

 

看護部委員会

会議名 目的 内容 構成メンバー
看護部会議 看護部運営の円滑化
看護業務の向上の推進
  • 看護部の理念
  • 目標の検討および評価
  • 各種委員会の報告・看護職員の教育に関すること
  • 他部門との調整に関すること・その他、看護部全体に関すること
  • 看護基準・手順の定期的な見直し
  • 看護学生の指導に関すること
看護部長
看護師長
主任
主任・リーダー会議 看護・介護業務の向上推進
  • 看護業務の改善に向けた検討
  • 看護学生の指導に関すること
  • 看護職員に対し看護基準・手順の内容の周知
  • 看護記録用紙の検討および記載方法の検討
  • 個々の看護記録の適正化の検討
  • 看護記録の監査
  • 看護補助者の能力向上
看護主任
看護師
統括リーダー
リーダー

看護部教育体制
について

看護職員の教育

一人ひとりの看護実践能力を高めるため「クリニカルラダ―」を導入しています。さらに、法人全体で取り入れている目標管理制度とすりあわせながら、その過程を支援しています。病院内で開催される研修会は、各コース(年4回)出席しやすいよう同じ講座が2回開催され、情報・知識共有ができやすい環境になっています。
新人教育はプリセプター制となっており、1年間、先輩看護師と行動をともにします。

1.教育理念

豊かな感性と倫理観を備え、知識・技術支えられた専門職として、信頼される質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成する。
個々の職員は、みずから看護職員としてのキャリアを開発し自己実現できる専門職業人を目指す。

2.看護実践能力の6つの要素

  1. ニーズを捉える力
  2. ケアする力
  3. 協力する力
  4. 意思決定を支える力
  5. 自己研鑽を高める力
  6. 法人組織内の役割を果たす力

能力開発プログラム

 

採用情報

 

認定看護師紹介

 

「摂食・嚥下障害看護」「特定行為」 
伊丹和美

私の父は脊髄小脳変性症で、主症状の嚥下障害により「食べたくても食べられない」姿を見てきました。
そして、父のように嚥下障害のために苦しんでいる患者さんに対して何をしたらよいのか毎日悩んでいました。
認定看護師として5年が経過しました。嚥下障害患者さんの役に立ちたいという思いが募り、摂食・嚥下障害の認定看護師を目指しました。

口から食べることは生きていくための手段でもあり、生活していく上での楽しみや希望でもあります。その機能が失われるとQOLは大きく低下します。また、誤嚥性肺炎などは命の危険に関わります。 こうした意味でも、摂食・嚥下の領域は看護でも重要な位置を占めているのではないでしょうか。

そんな食べるという機能を一人でも多くの人に、より長く持ち続けてもらえるように嚥下障害患者さんの「食べたい」を支える看護を提供していきたいと思います。

【認知症ケア専門士】 
伊丹和美、中平まゆみ

患者さんは、肺炎・糖尿病・骨折などさまざまな病気を患われて病院を訪れられます。
主疾患の治療、看護を行う一方で、認知症からくる夜間の徘徊、奇声、ADLの低下など、対応困難な状況があります。

私たちは認知症ケア専門士として、お一人おひとりの患者さんの背景を大切にし、看護と専門士の両面から技術・知識を高め、安心して治療・療養のできる場を構築していきたいと考えます。

 

受け持ち・看護師の役割

患者の退院後の生活を退院調整看護師と協働し調整する
  • 患者さんの情報(入院前の生活歴や病歴など)を早期に把握し、問題点を抽出し、患者さん・ご家族の意向を確認する。また、現在の状況と照らし合わせて、入院中に何をどこまで改善したら元の生活に戻れるかを考え、患者さんやご家族の意向を聞きながら退院先や退院後の生活に不安がないよう、退院後の介護サービスを検討する。
  • 入院中はご本人・ご家族、院内の各職種や院外の担当者(ケアマネージャーなど)の間に入り、円滑にサポートできるように動く。
魅力ややりがい
  • 調整に戸惑い、苦労しながらも退院する患者さんを見送ったときはホッとする。
  • ご家族さまに「ありがとう」とお礼を言われた時などはうれしいし、よかったと思う。
  • 在宅から入院された方が、「在宅では生活できないと思っていたが、介護サービスを利用することで安心して生活できるようになった」と言ってもらえる時。
  • 施設を探してほしいとご家族さまから相談があった時に、その方にあう施設を見つけることができ、喜んでもらえた時。

 

先輩看護師・介護士から一言

先輩看護師の一言

看護師の資格を取得し、看護経験のないまま就職して2年が経ちました。就職当時の私の周りは、他院でも当院でも経験を積んでいる先輩ばかりで看護技術を学ぶことで精一杯でしたが、プリセプティーだった私がプリセプターを任され、尚一層身が引き締まる思いです。
病院といえば職員の入れ替わりが激しく、未熟な職員が職場環境に慣れる前に悩みを多く抱えてしまいがちですが、どうしたら働きやすい環境にできるかを先輩看護師と一丸となって考え続けていきたいと思います。
(西垣)

育児と仕事を両立している看護師から
一言

就職して9年目になりました。
私がこの病院に就職したのは、上の子が4歳、下の子が2歳になるタイミングでした。
この職場を選んだ決め手は、託児所や病児保育があったことです。
一般的に3歳未満は保育園の入園が難しいことも多いですが、ここなら託児所があるため、保育園探しに苦労することもありませんでした。
託児所は季節の行事にあわせて、法人内の施設や病院を訪問してご利用者と交流をしており、わが子が笑顔で触れあう姿を見て目を細めたものです。
万が一、子どもが体調を崩したときも、病児保育があり、安心して子どもを預けて仕事を続けられています。
職場には、私と同じような子育て世代の看護師が多く、働きやすい職場です。
産休や育休も取得しやすく、現在は3人の子育てをしながら仕事を続けています。

先頭へ戻る