医療分野は、「個人情報保護法に関する基本方針」及び国会における附帯決議で個人情報の性質や利用方法等から特に適正な取扱い厳格な実施を確保する必要がある分野の一つであると指摘されており、本院においても患者さんのプライバシー個人情報を保護することは診療活動の基本であると共に本院の社会的責務であると考えております。

本院は地域医療への貢献と共に各種医療従事者の育成、臨床研究を行なう機関として患者さんの個人情報をこれらの目的に活用させていただくこともあり、患者さんのプライバシー保護には細心の注意を払っております。

本院は、患者さんが医療に主体的に参加できるパートナーシップの強化に向けた活動に積極的に取り組むとともに、本院の理念、基本方針、患者さんの権利について個人情報保護の精神にのっとり、個人情報保護に関する方針を以下のとおり定め、職員及び関係者に周知徹底を図り、これまで以上に個人情報保護に努めます。

1.個人情報の収集・利用・提供

個人情報を保護・管理する体制を確立し、適切な個人情報収集、利用および提供に関する内部規則を定め、これらを遵守します。

2.個人情報の安全対策

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび遺漏などに関する万全の予防措置を講ずることにより、個人情報の安全性・正確性の確保を図り、万一の問題発生時には速やかな是正対策を実施します。

3.個人情報に関する法令・規範の遵守

個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。

4.教育および継続的改善

個人情報保護体制を適切に維持するため、職員の教育・研修を徹底し、内部規則を継続的に見直し、改善します。

5.診療情報の開示

診療情報については適切なルールのもとに提供・開示することを原則とします。

平成18年4月1日制定
医療法人 和光会 山田病院 病院長

 

先頭へ戻る