概要・特色

老年内科

老年内科とは、主に65歳以上の方の、さまざまな健康の悩みや、介護上の問題などを幅広く診察し、相談できる診療科のことです。

歳を重ねると個人差はあるものの、さまざまな生活習慣病の合併症が複数の臓器に現れるものです。
もの忘れなどの認知機能障害も出現する頻度が高くなります。
そのため、高齢者の疾患の特徴を充分に理解した医師による診療をうけることが大切です。

当院では総合的に診察した上で、各々の患者さんに相応しい治療法を決定いたします。

対応疾患・症状

検診や人間ドックで生活習慣病(肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病など)の異常を指摘された方

急な頭痛や発熱、インフルエンザ、慢性の痛み、消化不良、小さな外傷の治療と投薬

禁煙したい方への精神面での禁煙支援、ニコチン置換療法(ニコチンパッチ)、非ニコチン製剤などによる禁煙診療

どこの内臓が悪いのかはっきりしないが、体調が気になる方(食欲がなくなった、なんとなく元気がない、急に体重が減った、物忘れがひどくなった、微熱がつづく、足がむくむなど)

主な治療・検査

担当医師

先頭へ戻る